HOME > いきもの図鑑 > 五月山動物園 > ヒメウォンバット

ヒメウォンバット

カンガルー目ウォンバット科
メインフォト
プロフィール
オーストラリア南東部及びタスマニア島などの丘陵地に生息しています。丘などの傾斜地に水平に3~9mの巣穴を掘り、奥の方に巣を作ります。大人になると独りで生活をしますが、繁殖期にはつがいで行動します。普通,生まれる子どもは一頭で、カンガルーなどと同様に,おなかの袋で子育てを行います。夜行性なので目は良くないものの、非常に鋭い嗅覚を持っています。五月山動物園では92年に日本で始めてウオンバットの繁殖に成功しました。
何年(なんねん)()きるの?
約20年です。飼育下で26年以上生きた個体もいます。
身体測定(しんたいそくてい)してみると
体重 15~39kg
体長 70~120cm
尾長 2~3cm
(ぼく)仲間(なかま)
おなかの袋で子育てする有袋類の仲間です。その中でもコアラと 親戚関係にあります。
インフォメーション

こんなことをします

■ お腹の袋で子育て
カンガルーのようにお腹の袋で子育てをします。
■ スコップのような爪
スコップのような爪で前足の爪で地面に3~10mの巣穴を掘ります。
情報お願いします

(ぼく)のからだ

■ おなかの袋
お腹には子育てのための袋がついています。袋(丸の部分)は穴を掘っている時に土が入らないよう後ろ向きについています。
情報お願いします
情報お願いします

こんなものを()べてます

【一日のごはん】
リンゴ,サツマイモ,ニンジン,カボチャ,アーモンド,パン,ペレット,青草,干し草,すしのりを食べます。

一日(いちにち)行動(こうどう)

朝と夕方に活発に動きます。気温が上がる昼頃には日陰に入り、涼しくなる夕方まですごします。夜はお家の中で、エサを食べたり巣穴を掘ったり活発に動きます。
情報お願いします
情報お願いします
情報お願いします
参考文献(さんこうぶんけん)&おすすめの一冊紹介(いっさつしょうかい)

(ほか)動物園(どうぶつえん)のヒメウォンバット

子どもゆめ基金助成活動
ページトップへ