HOME > いきもの図鑑 > 天王寺動物園 > インドホシガメ

インドホシガメ

カメ目リクガメ科
メインフォト
プロフィール
ンド北部やパキスタン南部の乾期と雨期に分かれた林や砂漠の周辺にくらしています。水のある環境が必要で,水が少ない時期は朝と夕方を中心に活動します。雨が多い季節に恋の季節がやって来て,メスは毎年10~15cmの巣穴に1回あたり約10個の卵を数回産みます。卵は約110〜150日でふ化します。
何年(なんねん)()きるの?
30~50年
身体測定(しんたいそくてい)してみると
体長(甲長) 最大で28cm
(ぼく)仲間(なかま)
リクガメという主に地面の上で生活するカメの仲間です。
インフォメーション

こんなことをします

■ 敵に襲われると
敵に教われたり、びっくりしたりすると、手足を甲羅の中に引っ込めます。
■ 穴を掘ります
巣穴を掘るために手足は土をかき出しやすい大きなものになっています。
■ お腹を地面から離して
四本の足で立ち上がり、お腹を地面に引きずることなく移動します。

(ぼく)のからだ

■ 裏側は
裏側は、このような形になっています。甲羅と一緒できれいな模様があります。
■ オスとメスの違い
オスは交尾の際にメスの甲羅の上にのるので、おなかが丸くくぼんでいます。そのことで、メスの甲羅としっかりとくっつくことが出来て、交尾の際に安定します。写真は、手前がオスで奥がメスです。
■ 星の形
甲羅の上には名前の由来になった星のような模様があります。甲羅には年輪があり甲羅を見ると年齢が分かります。

こんなものを()べてます

【一日のごはん】
ニンジン、サツマイモ、ヒロシマナ、コマツナ、野草を食べます。

一日(いちにち)行動(こうどう)

日中は日光浴をして体を温めたり、エサを食べたり、恋の季節になるとオス同士はメスをめぐって争います。カメ同士にも相性があって、相性が悪いもの同士はいつもけんかするので、相性を見て展示のグループを決めています。
■ エサを食べる
一日に数回、エサをもらいます。
■ 日光浴
紫外線のライトを浴びて、体を温めてから活動します。
情報お願いします
参考文献(さんこうぶんけん)&おすすめの一冊紹介(いっさつしょうかい)

(ほか)動物園(どうぶつえん)のインドホシガメ

子どもゆめ基金助成活動
ページトップへ